IMG_4875.JPG

小川 恭子
Kyoko Ogawa

2015年第84回日本音楽コンクールヴァイオリン部門第1位、岩谷賞(聴衆賞)、全部門を通じて最も印象的な奏者に贈られる増沢賞ほか全ての副賞(レウカディア賞、鷲見賞、黒柳賞、E. ナカミチ賞)を受賞。

第8回ノヴォシビルスク国際コンクール(ロシア)をはじめ第59回全日本学生音楽コンクール東京大会および全国大会、第17回日本モーツァルト音楽コンクールで優勝、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2014(グリスィーヌ弦楽四重奏団の1stヴァイオリンとして)第1位並びにグランプリ、第5回ルイ・シュポア国際コンクール(ドイツ)第2位、第13回リピンスキ・ヴィエニャフスキ国際コンクール(ポーランド)第3位、第10回モーツァルト国際コンクール(オーストリア)最年少セミファイナリストディプロマ、第16回リヨン国際室内楽コンクールデュオ部門(フランス)セミファイナリストなど国内外で受賞多数。

2006年 「こども定期演奏会」(サントリーホール)で大友直人指揮、東京交響楽団とソリストとして共演してデビュー以来、秋山和慶、梅田俊明、大友直人、高関健、松尾葉子、渡邊一正各氏らの指揮のもと、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、ワイマール州立歌劇場管弦楽団などと共演を重ねている。また、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」、宮崎国際音楽祭、ル・ポン国際音楽祭、トランス=シベリア芸術祭in

 Japan、オーストリア・ザルツブルク・ミラベル宮殿シュロスコンツェルト、日本ブラームス協会例会、ARKクラシックス、トッパンホールランチタイムコンサート、ロームミュージックフェスティバルなど国内外の様々な音楽祭やプロジェクトにソロ、室内楽、オーケストラで出演。

ドイツで演奏した際には英国音楽誌「The Strad」より好評を得た。

また、(公財) 日本製鉄文化財団主催「明日への扉」(紀尾井ホール) にてリサイタルを行いピアニストの江口玲氏と共演したほか、青柳晋、仲道郁代各氏らと共演している。2021年秋には、桐朋学園宗次ホールオープニングコンサートにて秋山和慶氏指揮、桐朋学園オーケストラと共演。

 

2022年 三井不動産主催 宮本亞門氏プロデュース企画「NEXTアーティスト」に選ばれた。

 

桐朋学園大学を首席で卒業後、同大学院修士課程修了。辰巳明子氏に師事。在学中、推薦を受けて英国王立音楽院に交換留学しジョルジュ・パウク氏より指導を受けた。

 (公財) 明治安田クオリティオブライフ文化財団海外音楽研修生としてオーストリア・ウィーン国立音楽大学に留学し、ベルリン国立歌劇場管弦楽団コンサートマスター ローター・シュトラウス氏に師事。

これまでにフランス、オーストリア、スイスなどでジャン・ジャック・カントロフ、ポール・ロチェック、ザハール・ブロン各氏らより指導を受けた。

室内楽を徳永二男、練木繁夫、藤原浜雄、毛利伯朗各氏らに師事。

これまでに東京都世田谷区教育委員会より表彰を受けたほか、桐朋学園学長賞を授与される。

2015~19年 (財) ITOHよりA. ストラディヴァリウスを貸与される。

2017、18年度 (公財) ローム・ミュージック・ファンデーション奨学生。

 

文京楽器の協力によりBear's International SocietyからG. Cappaを貸与されている。